· 

サンゴ礁の楽園

あー!!!!夏休みが終わってしまいましたね。

9月2学期の始まりです。みなさんたくさん遊びましたか?

8月は共同制作の1ヶ月でした。 おかげさまで、こんなに素敵な海の作品ができちゃった。 

待合室は、サンゴ礁で埋め尽くされました。

道路沿いの大きな窓からも見られるので、是非いろんな人に見てほしいな、と思っています。

 

まずは、ダンボール箱をつむつむ
まずは、ダンボール箱をつむつむ
狭いところは、えんぴつクラスにおまかせ!下からもガムテで補強
狭いところは、えんぴつクラスにおまかせ!下からもガムテで補強


テーブルサンゴを切る。ダンボールカッターもお手のもの
テーブルサンゴを切る。ダンボールカッターもお手のもの

サンゴ礁の主な作り手は「えんぴつクラス」と「えふでクラス」 

なんでも一生懸命、丁寧にがんばる「えんぴつクラス」と、ちょっとひいた所から、全体を見てバランスを考える「えふでクラス」

まずは、スーパーでもらってきたダンボールを積み積み。

みんなで相談しながら、どんな形のサンゴ礁にするか検討。 

形が決まったら、テーブルサンゴを切ってはさんで、ガムテープでとめていきます。

サンゴ礁の形が完成したら、今度は箱にびっしりサンゴを描いていきます。

目標は「ダンボール感をなくすこと」

というわけで、びっしり!とサンゴを描きます。 

近くで見てるとわからないけど、遠く離れて見たら

「おー!!!!」と子供達も自分たちで感激、の出来栄え。

ぼくの描いたこの細かさを見よ!
ぼくの描いたこの細かさを見よ!
寄ってたかってみんなで描く!
寄ってたかってみんなで描く!
下からも描く!
下からも描く!
リサイクル品を使って、お魚作り。これは発砲トレーの熱帯魚
リサイクル品を使って、お魚作り。これは発砲トレーの熱帯魚

くれよんクラスもシャボン玉アートで参戦。

色をつけたシャボン玉液でぶくぶくぶくぶくぶくぶくぶくぶく

見て!こんなに大きな泡ができたよ。
見て!こんなに大きな泡ができたよ。
泡がはじけて、色がまざってきれい
泡がはじけて、色がまざってきれい

キャンバスクラスは、プログラムを変更して、大きなくじらを作ってくれました。みんな一緒に飾ったら、すてきな海の世界に。

しかし、さすがのキャンバスクラス。いろんな素材を加工して作ったくじらはまるで図工室の化身のような。

お問合わせはこちら
お問合わせはこちら

TEL:052-898-0964(11時〜20時)

   080−9482−9795(青木)

 

Address:名古屋市 名東区 植園町3-65 

ドウエル植園1F

MAIL:kujirazukoushitsu@gmail.com